調剤薬局業務

調剤薬局業務

医師の処方箋に基づき、薬剤師が《処方監査》《薬剤調製》《調剤監査》《服薬指導》を行います。

処方監査

患者様からお預かりした処方箋に疑義がないか、お薬手帳をお預かりし他科との飲み合わせは問題ないかを監査する業務。

薬剤調製

処方監査を通過した処方せんに基づき、患者様1人1人に対してオーダーメイドで薬剤を調製いたします。

調剤監査

調製された薬剤を再度薬剤師が、処方箋通り調剤されているか。お薬手帳や薬剤服用歴、医薬品情報などから、本当に医師の処方は妥当なのかを監査いたします。

服薬指導

薬剤が正しく調製されても、患者様が適切に服薬されなければ期待した効果は得られません。処方されている薬剤の薬効、薬剤服用歴、患者様のインタビューから得られた体調変化、生活習慣、薬剤使用の問題点、サプリメント服用の有無、副作用の有無などを確認し、患者様1人1人ごとに違った指導をいたします。

在宅訪問業務

在宅訪問業務

医師の指示により、医療保険、介護保険を利用し薬剤師が居宅を訪問し薬剤の管理をいたします。訪問料金は負担割合で変わりますが1回約350円〜1000円です。

訪問時
  • 薬剤の服薬状況・効果・副作用などを確認
  • 生活状況の確認
  • 病状の確認
  • ご家族にヒヤリング
  • 状況に応じて処方内容の変更を提案
訪問後
  • 関係者で情報の共有。(医師、ケアマネージャーに報告)
  • 副作用、病状等確認後の次回処方提案
  • 定期薬の訪問指導は月4回までです。(末期の悪性腫瘍、中心静脈栄養法対象の患者様は月8回まで)
  • 臨時(緊急)の訪問指導は定期とは別に月4回までです。ご希望の方はスタッフまでご相談ください。

一般用医薬品販売業務

一般用医薬品販売業務

OTC医薬品とは医師が処方する「医療用医薬品」ではなく、薬局やドラッグストアなどで購入できる「要指導医薬品」と「一般用医薬品」のことです。最近、国際的表現の「OTC医薬品」という呼称が使われるようになりました。

要指導医薬品

OTC医薬品として初めて市場に登場したものでは慎重に販売する必要があることから、販売に際して、薬剤師が需要者の提供する情報を聞くとともに、対面で書面にて当該医薬品に関する説明を行うことが義務付けられています。

第1類医薬品

副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。販売は薬剤師に限られており、販売店では、書面による情報提供が義務付けられています。

第2類医薬品

副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品となっています。専門家からの情報提供は努力義務となっています。

第3類医薬品

副作用、相互作用などの項目で、第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品。

OTC薬はいろいろな疾病や症状の改善に効果を発揮します。 自分自身で健康管理を行い、軽い病気の症状緩和などに使用します。これからは、自分の健康は自分で守る『セルフメディケーション』の時代です。 OTC医薬品を上手に使いましょう。

衛生材料販売業務

衛生材料販売業務

医療・介護など健康に関わる事で使用される使い捨ての資材です。介護用オムツや絆創膏、サージカルテープ、ガーゼ、脱脂綿、綿棒、包帯、マスクなどを販売しております。

ご希望の品名を教えていただければこちらでご用意いたします。お気軽にご相談くださいませ。(商品によってはお時間がかかることやお取り寄せ出来ない場合がございます)